大人ニキビができるようになりました。

私はここ近年、冬になると大人ニキビができてしまいます。 原因は血行不良のようですが、今まではまったく大人ニキビはできませんでした。 年齢的にも大人ニキビができてもおかしくはないのですが、原因を知ってしまうと、やはり年齢には勝てないのだと思ってしまいます。

しかし、もともとズボラな性格の私がスキンケアも適当にやっていたことが裏目に出てしまっているのかもしれません。 冬は冷え症対策に気を使っていますが、フェイスラインまではやっていませんでした。 しかし、大人ニキビができてからは、フェイスラインまできっちりとスキンケアを行うようになりました。

特に洗顔後のマッサージをこまめに行うようになりました。 さらに、気が付いた時になるべくフェイスラインを軽くさするようになりました。 大人ニキビがひどかった時は、確かにフェイスラインを触ると、顔の中心部に比べて冷たく感じました。 これでは肌荒れが起きてもおかしくありません。

そこで、顔の隅々まできちんとケアをするようになりました。 日頃から美容や健康に気を付けているつもりですが、それでも時々トラブルが起きてしまいます。 実際にトラブルが起きてから、初めて足りないケアに気付きます。 原因がわからないときは、モヤモヤしていますが、それが解決されていくにつれて、ようやく気持ちも落ち着いてきます。 そして、症状が良くなった後でも、怠けているとすぐにその症状が再発してしまいます。 そのため、さまざまなケアを怠らないように気を付けています。

やはり美容は食生活から

20代までは、化粧品や美容院、エステに興味津々でした。それらは選ぶことが楽しかったり、気分が上がったり、リラクゼーション効果があったりと、もちろん無駄なことではありません。 しかし、30代になった今、それだけでは足りないと気付いたのです。今も化粧品は使います。美容院だってもちろん行きます。

エステは出産後は足が遠のきましたが。 それでも、「肌ツヤが良いね」と褒められることが多いのは、食生活のためだと思います。家族の健康のためにも「まごわやさしい」をなるべく毎日摂るように心がけています。 まめ類・ごま・わかめ等の海藻類・野菜・しいたけ等のきのこ類・いも類のことですね。

これらを意識すると、たんぱく質と繊維質、ミネラル・ビタミンなどが満遍なく摂れます。どれも身体にも美容にも必要な成分です。満遍なくと言っても、成分や量は特に意識していません。ただ、サラダにごまを振りかけてみたり、味噌汁にわかめを入れてみたりと、難しく考えずに毎日気軽にできることしかしていません。

それでも、毎日コツコツ続けることが大切だと思います。 皮膚の外側からだけでなく、内側からも摂取することで高い化粧品を使わなくても肌ツヤを保っていられるのだと思います。 また、油も必要です。肉類は敵ではないのは最近ではもう周知の事実ですね。 豚肉・鶏肉はお値段的にも身近な食べ物です。魚も重要です。 このように考えると、高い化粧品や頻繁な美容院ではなく、本当に必要なのは何でも満遍なく体内に摂取することなのだと思います。

 

食べ物のグリコが開発した基礎化粧品

私はネットの広告でグリコが化粧品を出していることを初めて知りました。そのネットの広告では、化粧水とクリームの現品、11000円分が3000円で試せるということでしたので、早速使ってみることにしたのです。 私は去年、肌荒れを起こしてから、基礎化粧品には敏感になっていて、少しでも合わないと思ったら、どんなに高価なものでも使わないのです。

グリコの基礎化粧品はエレジナと言って、エレジナローションとエレジナクリームVのシンプルな2点でのお手入れなのです。 最初に使った時には、無香料なので、匂いがしないことに気づきました。そして、殊の外、つかい心地がよくてびっくりしたのです。

ただ、化粧水よりもクリームの方が先になくなるので、使う量を調節するか、クリームの方を多めに買うかしないといけません。今の所化粧水2本に対して、クリーム3個、というような感じです。グリコなので「ggクリーム」とか「ggローション」と呼ばれているようですが、乾燥気味の私の肌でもしっとりして、お化粧のノリもよくて、とても気に入っています。

基礎化粧品が肌に合うかどうかで、その後に使うメイクベースが綺麗にノルかどうかが決まるので、基礎化粧品はとっても大切なものなのです。 お風呂から上がった後にグリコのエレジナでお手入れをすると、しっとりとして肌の状態がいいのでとても気持ちがいいものです。通販でしか買えないのですが、いいものをネットで見つけたな、と思います。

肌の内側の乾燥について

お肌のテカリが気になるがため、洗浄力の強めの洗顔料を使用しているにもかかわらず、すぐに過剰な皮脂がでてきて、すぐにテカってしまう方はお肌の内側が乾燥している可能性が高いです。ほかには、肌の毛穴が開きやすいや目立ってしまう、乾燥したり、化粧のノリが悪いガサガサする肌タイプの方は内側の乾燥が原因かもしれません。

お肌の表面はしっとりしているように感じますが、内側の水分が欠乏していますので、お肌は乾燥してしまい、免疫力も下がるので、正常に新陳代謝が行われないことにより、さまざまなトラブルへ発展していきます。内側の乾燥肌の一番の原因はやはり乾燥です。

お肌は乾燥により、皮脂を分泌してお肌を守ろうとします。しかしお肌の水分が欠乏してしまっている場合、皮脂がいくら出てきてもお肌の内面は乾燥状態になっています。そこでどのようにすれば内面の乾燥肌を防げるか、を説明させて頂きます。まずは洗顔料の選択ですが、極力天然由来成分を使用しているもの、また刺激性の強い界面活性剤をしようしている石鹸を避けることです。

界面活性剤とは洗顔の洗浄成分です。そして比較的低温度のぬるま湯を使います。また、メイクアップもあまり厚くしすぎず、落ちやすい状態にとどめてあげてください。もちろんローションや美容液などそのほかのスキンケア化粧品にも気を付けましょう。刺激の強いアルコールを多分にしようしたものは避けるや、油分の少ない乳液やクリームを使用してあげてください。

体を温めてくまを解消

くまがひどくて疲れた印象を与えることが私の悩みです。ぐっすり眠っているのに、くまができてしまいます。 くまには3種類あります。1つめは青くまです。血行不良が原因で滞った血液が透けて見えることが原因です。2つめは茶くまです。色素沈着が原因です。

3つめは黒くまです。目の下の皮膚が突出して影ができることが原因です。 私の場合は青いくまなので、血行不良が原因でした。私は冷え性で手先足先が常に冷たくて、毎年冬にはしもやけに悩まされています。 寝てもくまが消えない原因は血行不良だったことが分かったので、血流をよくするようにしています。

朝はホットタオルで顔を温めています。湿らせたタオルを電子レンジで1分くらい加熱すればホットタオルができます。1分くらい顔に当てていると顔がぽかぽかしてきます。タオルを外した後は血色がよくなります。これだけでもくまが目立ちにくくなります。

体の中から温めることも大切なので、体を温める食事をするように気をつけています。
朝はお味噌汁を飲みます。味噌には体を温める働きがあるし、温かい汁物を摂ることでお腹の中からぽかぽかします。具材には、体を温める働きがあるネギやたまねぎをよく入れています。

日中は白湯を飲むようにしています。ときどきショウガを入れて温め効果をアップさせています。コーヒーや緑茶には体を冷やす性質があるので、コーヒーなどは飲んでいません。味が欲しいときはハーブティーを飲みます。シナモンやジンジャーティーには温め作用があります。 体を温めるようにしてからは、くまが少し薄くなった気がします。

肌を守る時間

一日のスキンケアは時間帯によりやり方を変えたほうがお肌にとっては効果的です。まずは自分の肌タイプを理解し、それに伴ったスキンケアをしることです。そのあとに朝と夜のスキンケアのやり方を確立していきます。肌トラブルを改善できる夜10時から2時までのゴールデンタイムのために夜にはそれに適したスキンケア。

朝にはメイクアップもあるので、短時間で完了するスキンケア。それぞれベストの方法でお肌をきれいにしてください。朝目覚めたとき、顔を含め全身は膨張したようにむくんでいます。こういう場合にはシャワーでお肌を温めるか、蒸しタオルを使用しましょう。温度を高めることで代謝があがりますので、その後洗顔を行います。

肌の汚れが肌に浸透してしまう可能性があるので、あまり時間をかけすぎず洗い上げます。その後すぐに化粧水を使用してください。化粧水の後に美容液をつけ、必要であればクリームを使用してください。化粧水や美容液はあくまで、優しく顔全体にゆっくり伸ばしてください。手のひらでゆっくりと伸ばし、すりこまないように優しく広げてください。

その後すぐに化粧下地を作ろうすると、メイク崩れの原因となりますので、その他の準備に取り掛かりながら、十分なじませてあげましょう。ナイトケアも非常に重要ですね。一日の疲れや汚れとともにクレンジングでメイクアップを十分に落としてあげてください。そのままにしておくと、くすみやしわの原因となってしまいますので、可能な限りメイクアップはすぐに落としてあげましょう。そして洗顔を行ってください。

お肌の代謝を活性化するためにはフェイスマスクなども効果的です。たっぷりの美容液を含んだフェイスパックを選んで、洗顔後のお肌にマッサージを目的として使用してください。長時間放置してしまうと逆にお肌の水分がパックに吸収され、乾燥の原因となってしまいますので、ご注意ください。

また、5本の指を使いピアノを弾くようにお肌をマッサージしてあげることもおすすめです。決して力をいれず、肌を傷つけないように優しくマッサージしていきます。化粧水や美容液を使用した後にマッサージしてあげると効果的です。朝と夜の保湿スキンケアは夜のほうが大切になります。寝ている間にお肌を修復するためにも夜のスキンケアに特に力を入れて、美しいお肌を手に入れましょう。

またクレンジングはスキンケアにはとても大切です。最近では男の人もクレンジングを取り入れていますよね。

詳しくはこちらから

クレンジングオイルは男にもおすすめなの?

チョコレートが原因で顔中ニキビに

顔中真っ赤なニキビができてニキビで悩んでいる時期がありました。周りはきれいな肌をしているのに、私だけ顔が真っ赤で恥ずかしかったです。 ニキビを治すためにニキビ専用のクリームを使用していました。クリームを塗るとニキビが小さくなるけれど、完全になくなったわけではありません。

新たなニキビもできて、根本的な解決にはなりません。クリームのべたつきが気になり不快なので、使用をやめてしまいました。 洗顔にも気をつけていました。皮脂がたまるとニキビができるので、毎日洗顔を丁寧にしました。でも ニキビは治らないし、肌荒れがひどくなりました。

今考えてみると、チョコレートをたくさん食べていたことが原因だった気がします。私はチョコレートが大好きで毎日食べていました。板チョコ1枚をぺろっと食べてしまうこともあります。 チョコレートのような脂肪分と糖分が多い食べものは皮脂分泌を活発にし、過剰な皮脂で毛穴がつまるとニキビができます。毎日のようにチョコレートを食べていたら皮脂が活発に分泌されて、ニキビができるのは不思議ではありません。

チョコレートが大好きだったのですが、脂肪分が多いものを食べ続けて胃の調子が悪くなってしまったので、チョコレートを食べなくなりました。すると、いつの間にかニキビが治っていたのです。やはり、チョコレートの食べすぎで脂肪分を過剰に摂取していたことが原因だったのでしょう。 せっかくニキビが治ったので、今は油っぽいものを食べすぎないようにしています。

季節ごとの保湿~夏~

夏こそ保湿が必要です。夏は空気が潤っていて、発汗量が増えるので、保湿のスキンケアなんていらない、と多くの人が勘違いしてしまっています。発汗量が上昇することで肌水分は失われますので、夏にもスキンケアはおろそかにはできません。

夏の肌トラブルの一番の原因が室内をキンキンに冷やすエアコンです。どこに行ってもそのような状態です。もちろんそのような環境に長時間いると肌が乾燥してきます。同様に余分な皮脂をウェットティッシュやフェイスシート等で何度もふき取る人も多いですが、それにより肌の内面が乾燥状態になってしまいます。

乾燥肌は肌トラブルを起こしやすく、ニキビや黒ずみなどあらゆる問題の原因となります。さらに肌の免疫力の低下により新陳代謝が低下し、それによりくすみ、しわが増え、肌年齢の老化につながります。以上のように日本人の肌は一年中外敵にさらされている状態ですのでアンチエイジングのためにはそれぞれの季節ごとに最適なスキンケアが必要です。

今回は熱い夏にも気持ちよく行えるスキンケアを教えます。まずは、洗顔。できれば泡立てネット等を使用し、きめの細かいたっぷりの泡をつくり、それを使い柔らかく洗ってください。決して力を入れこするように洗わないようにします。洗顔後は、即化粧水を使用してください。適量を2~3回にわけて塗布し、優しくお肌に浸透させます。

化粧水をつければ、次は美容液です。さらさらとした化粧水だけでなくしっとりとさせるために美容液を使用してください。さらに肌タイプによっては、クリームやオイル等でフィニッシュしてください。クリームやオイルの油性化粧品はお肌に浸透した化粧水や美容液にふたをしてくれる働きがあります。

お肌のタイプによってスキンケアの種類、方法は変わりますが、いずれもそれほど時間を要する作業ではございません。一日一日、小さなことを積み重ねていただき、美しいお肌を手に入れ、その美しさを生涯持続させましょう。

また肌のトラブルを感じた時は澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)がおすすめです。
興味のある方はこちらから
澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)の効果・効能について

美肌のために、早めにストレスを解消するようにしています。

私は昔からさまざまな肌荒れに悩んできました。 実際に乾燥や食生活などによって肌荒れになりやすいのですが、他にもストレスによる原因も大きいことがわかりました。 極度なストレスがかかると、肌の調子も悪くなってしまいます。 ストレスをあらかじめ避けることは難しいですし、それはかなり難しいことです。

ストレスを受けてしまったら、素直に認めてしまうようにしています。 必要以上に肌ダメージを大きくしないために、早めにストレスを解消するようにしています。 運動や瞑想などはストレス解消に効果があります。 他にも私は最近ストレスがあったり、イライラすると感じた時は、青汁を飲むようにしています。 ストレスは気持ちだけではなかなか解消できないものです。

そのまま、ストレスを溜め込んでしまうと、肌あれだけではなく、体調を崩してしまうかもしれません。 私はそれほどストレスに強い方ではないので、なるべく早くモヤモヤを解消したいと考えています。 早寝早起きや規則正しい生活も、ストレスをためにくい体質に改善出来るようです。

夜更かしや睡眠不足、寝過ぎなどがあると、どうしても頭の回転が鈍くなり、身体も同時に動きにくくなってしまうようです。 そのため、思うようにことが運ばなくなり、イライラが増えてしまいます。 さらに自分のことは棚に上げて、イライラの原因を周りに押し付けてしまうようになってしまいます。 美容と健康のためにも、なるべくストレスのない毎日を送っていきたいものです。

保湿できる乳液エッセンス

紫外線やエアコンによる乾燥など、われわれのお肌は1日中外敵にさらされています。それに勝つためにはこまめなスキンケアが必要になってきます。その一つがメイクアップの上から乳液などで保湿をするという方法です。ワンランク上の美しいお肌を目指すためには非常に重要なステップです。

やり方としては、特に肌トラブルが目立つ部分、メイクアップが崩れた部分に乳液を使用します。できるだけトラブル箇所にピンポイントで使用するようにします。ポイントケアとして使用し、少しずつ全体へ伸ばしていきます。なじませた後、軽くふきとり終えたら、従来のメイクアップ直しを行ってください。スポンジでさらに乳液を浸透させ、伸ばしていくようなイメージです。

できれば1日中いつでも、乾燥や肌トラブルが気になれば、随時保湿ケアできるのがより効果が期待でき、ベストな方法です。また顔以外にも乾燥しやすい部分を乳液等でおさえるだけでもお肌が元気になります。顔につけるよりももっと少量でピンポイントに使用してください。携帯用にバッグに乳液を持っておくことをお勧めします。1日中ベストなタイミングでベストなスキンケアを行って、1日中美しいお肌をキープしましょう。

股ずれ対策メモ|原因を知ってかゆみ・痛み・黒ずみを解消しよう!

気になる「いちご鼻」を改善させるには…

鼻の毛穴が広がり、角栓が黒く目立ってしまう「いちご鼻」。
いちご鼻は顔の中心ということもあって、目だってしまう肌トラブルの代表でもあります。
できることなら、一日でもはやくいちご鼻を改善させていですよね。

いちご鼻をキレイにしようと、ゴシゴシと洗顔しているにもかかわらず、なかなか改善しないという人は、スキンケアが間違っている可能性が高いです。 いちご鼻を改善させるどころか、逆に悪化させている可能性もあります。

正しい洗顔のポイントは、力を入れずに泡で肌を洗うことです。 洗顔料は泡で汚れを包み込んで、洗い流すものです。 ですので、きちんと泡立てることが大切になってきます。めんどうだからと泡立てずに洗顔をしても、きちんと汚れを落とすことはできませんので、注意が必要です。

また、角栓をキレイに落としたいがあまりにゴシゴシと肌を洗うのは逆効果です。
肌はとても薄い膜でできています。 力をいれてしまうと、すぐにキメが乱れてしまうので、指先で優しく洗うようにしましょう。 また、力を入れて洗顔をすると、指で毛穴を押すことになってしまいます。

これでは指で毛穴でフタをしてしまうことになり、洗顔料が毛穴の奥深くまで届かなくなってしまいます。
汚れを洗うのは指ではなく泡だと意識しましょう。 洗顔し、毛穴をキレイにすることができたら、すぐに保湿ケアすることが重要になってきます。 化粧水や保湿クリームをぬることで、肌をふっくらとさせることができます。 毛穴を閉じることによって、汚れが入り込むのを予防することもできます。

化粧崩れしない、ミスト系化粧水

本日はメイクアップ崩れをするときにミスト系化粧水を使用し、保湿力を高める方法について説明させて頂きます。ミスト系化粧水の一番の特徴はメイクアップの上からスキンケアが行えるといった非常に効果的な保湿方法です。「SK-II ミッド-デイ ミラクル エッセンス 」は、肌の乾燥、毛穴の開き、肌トラブルが解決するミスト系化粧水です。

夜用ではなくお昼に使用するために作られたものですので、日中のお肌の潤いが持続します。「アベンヌ アベンヌウォーター」は、エアゾールスプレーですので、使いやすくお肌に均一に塗布できます。毛穴を引き締め、たっぷり配合されている美容成分がぷるぷるとしたお肌へ導いてくれます。

「肌水 クリーム肌水」は、細かい微粒子の化粧水が顔全体に広がり、肌本来の保湿力をよみがえらせます。ミネラルが豊富に含まれていますので、細かい化粧水とともに浸透していきます。顔だけでなく、体全身にボディローションとしてもご使用可能です。

「無印良品 海洋深層ミネラルミスト」は、富山湾の海洋深層水を使用した肌に優しいミストタイプの化粧水です。生後間もない赤ん坊でも使用できる天然成分でできた安心安全な化粧水です。お肌以外にも、髪の毛、全身に使用できます。

また美肌のためには化粧落としも重要ですよね。

詳しくはこちら

おすすめの化粧落としはどれ?選び方と使い方について

背中ニキビをキレイにしたい!

背中にできてしまったニキビって、なかなかケアするのが難しいんですよね。
背中は、普段あまりチェックすることが少ないところなので、気づいた時にはニキビが悪化していることが多いからです。

また、意外なことに背中には多くの皮脂腺があり、皮脂が分泌されやすい場所でもあるんです。
ですから、背中ニキビはいったんできると悪化しやすく、治っても跡として残りやすくなっています。
背中ニキビを改善するには、気づいたときにすぐ治療することが大切になってきます。

ニキビケアといえば、肌を清潔にするのが1番重要なポイントです。
皮脂や古い角質、汗をきちんと取り除くことで、アクネ菌の増殖を防ぐことができます。
ここで注意したいのが、背中の洗い方です。

背中ニキビを早く治したいためゴシゴシと洗ってしまいがちですが、これでは肌を痛めてしまいますし、肌のバリア機能まで壊してしまうことになります。背中ニキビに傷がつき、炎症を悪化させる可能性もあります。

背中はもちろん、肌を洗うときは優しくなでるようにするのがポイントです。
肌がキレイになったら、すぐに保湿をすることも大切になってきます。
背中ニキビに直接触れる下着や衣服にも注意しましょう。

肌触りのいい素材を選んだり、肌が蒸れないように通気性にも気を配って選びましょう。
綿や麻など、自然素材のものがおすすめです。
汗をかいたら、すぐに着替えるのも背中ニキビを悪化させないために大切になってきます。

お休み前の保湿

よく知られていることですが、夜10時か~午前2時はお肌の代謝が上昇し、一日の肌トラブルを解消できる時間です。ですので、その間に就寝することはお肌にとって非常に重要です。もちろん就寝前にお肌の保湿ケアを行うことは次の日のお肌のためにも大きな意味を持っています。

人間の体は就寝中に多量の汗をかき、蒸発することで乾燥していきます。もちろんお肌も就寝中に同じことが起こります。就寝前の保湿ケアは非常に重要です。1日の労働や家事等、女性にとっては大変な時間を終わらせ、やっと自分の時間ができるとほっとします。

そしてメイク落としで化粧をおとしたときは非常に気持ちがいいと思います。その気持ちいい状態でお肌に正しいスキンケアを施してあげましょう。さらに美容効果をたかめるには、スキンケアの最後にクリーム、乳液、美容オイル等を使います。それにより油分による更なる保湿効果が期待できます。

それぞれのお肌のタイプに合わせ、どのスキンケアの順番が合うか決めてください。乾燥肌であれば、美容液、クリーム等を重視する、オイリーなお肌であれば、乳液やオイルをあまり使用しない、など自分に合ったスキンケアを見つけましょう。乾燥肌がひどい方は、フェイスパックをすることも効果的と言えます。

フェイスパックにはたっぷり美容液が含まれているものを選びましょう。顔を覆うように貼り付け、あまり長時間つけすぎないようにしましょう。時間が経過するにつれて、肌の水分が蒸散してしまうためです。自分の肌タイプに合ったスキンケアを朝と夜、適切に行うことが美しいお肌を守る唯一の近道です。

http://xn--68j7axmrbyq0686b.jp/

シェーディングで顔にメリハリをつけます。

私はかなり昔、資生堂のアイブローとノーズシャドウが一緒になっているパレットを使っていたのですが、いつの間にかに使わなくなっていたのです。 そうしたら、久しぶりにそのパレットが出てきて、久しぶりにノーズシャドウを入れてみました。

最初はちょっと違和感がありましたが、使い続けていると顔にメリハリが出来てちょっと彫りが深いような感じになるので気に入りました。 そこで、ルナソルの新製品のシェーディングチークを買うことにしました。リフィルだけ買いました。

持ち歩くことがないのと、ケースだけでも1500円してブラシは1000円もするので、すごく高い買い物になってしまうので、家でしか使わないので、中身だけにしたのです。ブラシは手持ちのブラシを使うことにしました。濃淡のシェーディングパウダーが3色入っていて、一番明るいものと二番目のものを合わせてノーズシャドウにして、眉頭のところから鼻筋に沿ってうっすらと伸ばすと鼻が高くなったような感じがしてすごくいいのです。

今まで忘れていたメイクの美点を再発見したような気がしました。濃い色はチークの下に入れたりして、小顔効果が上がるということですが、私は頬がこけているほうなので、チークには使いません。その代わりに顎からエラにかけてをシャープにしたくて、顔の輪郭に使うようにしています。シェーディング一つで、顔にメリハリが出来て、ちょっとおしゃれな感じがして、すごくいいものです。

保湿の方法~メイクアップの上から~

乾燥肌の方のお悩みのひとつとして、朝やったはずのスキンケアによる保湿力が外出中の空気や室内での冷房などの悪影響により、お昼から夕方ごろにはお肌がカサつくなど、それにより保湿力を失い、さらに肌トラブルが起こってしまうということがあります。

そのようなときは、メイク崩れを直すタイミングで化粧水や美容液、乳液等を使い、日中の肌トラブルを解消するという手段があります。

まずは、ウェットティッシュなどを使いお肌の過剰な皮脂を除去させます。皮脂を取りすぎるとお肌が傷む場合がありますので、適度に皮脂を取っていきます。
その後、細かい吐出量の化粧水を適量ふりかけます。細かい微粒子の化粧水ですので、メイクアップが崩れることがなく適度に保湿できます。

別売りの容器(吐出量のできるだけ少ないもの)に詰め替えて使用するという方法もあります。エアゾールタイプの化粧水など、より微細な粒子の化粧水を噴霧できますので、その方法もおすすめします。

化粧水をつけたら、パウダー等お使いのメイクアップ化粧品でメイクを直します。
最近では、保湿力の高いファンデーションやその他メイクアップ化粧品が市場に出ております。そのようなメイクアップ化粧品と化粧水を組み合わせて使用するとより効果的だと考えています。

また美容にはクレンジングの知識も欠かせません。
クレンジングオイルStyle | オイルのおすすめと使い方について
このサイトではクレンジングオイルのおすすめや使い方について詳しく紹介しています。

目の下にあらわれるイヤ~なくま…血行を良くすることで改善できますよ♪

目の下にあらわれるくま、嫌なものですよね。疲れているような印象を与えてしまったり、老けた感じにも見られてしまいます。このくまの原因は、血行の悪さです。血のめぐりが悪くなったせいで、目のまわりに血液がたまってしまうのです。

目のまわりの血行を良くするためには、普段から十分な睡眠をとることが大切です。特に、22時から翌朝の2時までは「肌のゴールデンタイム」と言われており、この時間を睡眠時間帯にふくめることは重要です。とはいえ、仕事などの関係からそんなに早い時間には就寝できなかったり、ついつい夜更かししてしまった!という日もあるでしょう。

そんな方には蒸しタオルと冷たいタオルのダブル使いによるケアがおすすめです。蒸しタオルは、水に浸してしぼったものを電子レンジで約40秒あたためるだけで簡単に準備できます。やけどに気をつけながら、この蒸しタオルを目の上におきます。時間は約30秒。引き続き冷たいタオルで約30秒、冷やします。

このような感じで「蒸しタオル→冷たいタオル」を2~3回ほどくり返すのです。血行を良くするのに効果的ですよ。そんな時間はない!という場合は、あたたかいものを飲むだけでもOKです。特に生姜の入っているホットドリンクは、健康効果もありますのでおすすめです。

また、茶色っぽいくまであれば、肌へのダメージが原因かもしれません。目元用の美容液などでケアをしてあげましょう。なお、目の下の皮膚というのはとても薄いですから、強くこすることのないよう注意が必要ですよ。

セルフネイルの楽しみ方と学び方について

ネイルをすることが昔からとても好きでしたが、最近は効果が長続きするジェルネイルなども頻繁に行われるようになり、さらにセルフネイルなども可能になりました。 LEDライトやネイルマシン、プレパレーションセット、さらにはベース・カラー・トップジェル各種を購入すれば簡単に自宅でもジェルネイルの施術を行うことが可能なのです。

さらに、各種メーカーや有名な先生のセミナー等も頻繁に行われていますから、ベースの処理の仕方や上手なジェルネイルの塗り方なども学ぶことができます。特にネイル販売店などは定期的にセミナーが行われており、有料の物のありますが、無料のセミナーもありこちらも大変に人気があります。

これらのイベント等に参加するだけでも、ネイルの仕上がりというのは格段に違ってくるものなのです。また、このような販売店ではネイルエキスポのチケットなどを配布することもあり、一定量のお買い物すればネイルエキスポに参加することもできます。

ネイルエキスポというのは、各種メーカーのネイルが取り揃えているだけではなく、プロ向けの商品等の販売も行われていますから、特にネイルが好きで普段プロ用のお買い物はできない方にも非常におすすめのイベントです。私も、10月から11月あたりになると、こちらのイベントが行われることが多いので、事前によくチェックもしています。ブランドによっては、特別価格になっていますから大変割安にお買い物もできます。私もこういったイベント等を利用し、さらにネイルを楽しんでいるのです。

 

美容は、「かけひき」が重要!

 

キレイになりたい女性なら誰でも「これは効果がある」と聞けばなんでも試したくなりますよね。本当に悩んでいれば、高い費用を払ってでも、その効果が「喉から手が出る」ほど欲しいものです。ましてやサンプルのような無料のものとくれば、つい、くらいついてしまいます。

でも、何をやっても、そして続けてみても、高い費用をかけても…これといった効果が表れないまま、ズタボロの肌で、女ざかりの20代を無駄に過ごしてしまいました。お肌が良くないと、とても老け込んで見えてしまうし、決してそうでないのに、生活が乱れているとか、だらしないとか…勝手に思われてしまうのが本当に悲しかったです。

なぜこんなに必死にお肌のためにお金も時間も費やしている自分が報われないのか…私の肌は、脂っぽいのに乾燥しやすい混合肌で、ニキビもできやすく、毛穴も開いています。しかもしわも目立つようになってきました。

でも、中でも一番気になるのは、必ずお風呂あがりや洗顔・ケア後に起こる「赤ら顔」でした。ヒリヒリした痛みも伴っていたのですが、いったいなぜなのか、皆目見当もつきませんでした。その原因は、ある添加物にありました。なんと保存料のパラベンだったのです。

普段通っている整体の先生から何気なく聞いた話をきっかけに情報を集め、自分と同じ症状の方が多くいることを知ったので、とにかくパラベンの入っていないものを使うように気を付けました。シャンプー、トリートメント、洗顔料、基礎化粧品…できる限りパラベンが入っていないものを揃えました。

すると、赤ら顔があっという間に改善し、次第にニキビや毛穴、乾燥も快方に向かってきたのです。これには驚きました。
良いと聞けば、なんでも使って見る、つまり「たす・かける」ことばかりしていましたが、良くないものは使わない「ひく」ことの大切さも学んだ1件でした。

この他に最近は足や、靴の消臭にも興味を持っています。

靴の消臭スプレーのおすすめは
詳しくはこちらから

トマトのおかげで美肌に

トマトは美肌に効果的であることはよく耳にしていましたが、まさかこんなに効果があるとは思わなかったです。いつの間にかニキビが消え、ずっと気になっていた毛穴の黒ズミがなくなりました。自分のほおを触ってみるとスベスベで、それだけでテンションが上がります。

私は、トマトを毎日1個丸かじりしています。ミニトマトではなく、こぶしくらいの大きさの通常のトマトです。毎日食べるようになったのは、野菜不足をどうにかしたいと思ったのがきっかけでした。一人暮らしをしており、めんどくさがり屋の私は、お惣菜の揚げ物や麺類ばかりを食べていました。

そんな食生活に危機感を感じていた私を救ってくれたのが、トマトだったのです。トマトはもともと大好物でしたし、丸かじりで食べるのなら洗うだけで済むので、楽チンです。私にはもってこいの食べ物でした。野菜不足を解消するため毎日一個トマトを丸かじりしていると、ニキビがなくなるなど肌の調子が良くなりました。

トマトの美肌効果を初めて感じたのは、ふと鏡をみたときでした。「あ、なんか肌がきれい!」と思いました。それでも私の思い違いかな、と思っていたのですが、久しぶりに会った母に、「肌がきれいになっているね」と言ってもらえたのです。トマトを食べる以外に、特別なスキンケアなどはしていなかったので、美肌に近づけたのはトマトのおかげだと思います。

しっかり野菜をとって体調を崩さないようにしなければ、と思って食べ始めたトマトが、実際にお肌にもいいことを実感できてとてもうれしかったです。1日1個トマト生活はこれからも続けていきたいと思います。トマトも色々な種類があり色々な味があります。また、夏の野菜というイメージ強いですが、ハウス栽培等で年中食べられるので続けやすいです。