チョコレートが原因で顔中ニキビに

顔中真っ赤なニキビができてニキビで悩んでいる時期がありました。周りはきれいな肌をしているのに、私だけ顔が真っ赤で恥ずかしかったです。 ニキビを治すためにニキビ専用のクリームを使用していました。クリームを塗るとニキビが小さくなるけれど、完全になくなったわけではありません。

新たなニキビもできて、根本的な解決にはなりません。クリームのべたつきが気になり不快なので、使用をやめてしまいました。 洗顔にも気をつけていました。皮脂がたまるとニキビができるので、毎日洗顔を丁寧にしました。でも ニキビは治らないし、肌荒れがひどくなりました。

今考えてみると、チョコレートをたくさん食べていたことが原因だった気がします。私はチョコレートが大好きで毎日食べていました。板チョコ1枚をぺろっと食べてしまうこともあります。 チョコレートのような脂肪分と糖分が多い食べものは皮脂分泌を活発にし、過剰な皮脂で毛穴がつまるとニキビができます。毎日のようにチョコレートを食べていたら皮脂が活発に分泌されて、ニキビができるのは不思議ではありません。

チョコレートが大好きだったのですが、脂肪分が多いものを食べ続けて胃の調子が悪くなってしまったので、チョコレートを食べなくなりました。すると、いつの間にかニキビが治っていたのです。やはり、チョコレートの食べすぎで脂肪分を過剰に摂取していたことが原因だったのでしょう。 せっかくニキビが治ったので、今は油っぽいものを食べすぎないようにしています。

季節ごとの保湿~夏~

夏こそ保湿が必要です。夏は空気が潤っていて、発汗量が増えるので、保湿のスキンケアなんていらない、と多くの人が勘違いしてしまっています。発汗量が上昇することで肌水分は失われますので、夏にもスキンケアはおろそかにはできません。

夏の肌トラブルの一番の原因が室内をキンキンに冷やすエアコンです。どこに行ってもそのような状態です。もちろんそのような環境に長時間いると肌が乾燥してきます。同様に余分な皮脂をウェットティッシュやフェイスシート等で何度もふき取る人も多いですが、それにより肌の内面が乾燥状態になってしまいます。

乾燥肌は肌トラブルを起こしやすく、ニキビや黒ずみなどあらゆる問題の原因となります。さらに肌の免疫力の低下により新陳代謝が低下し、それによりくすみ、しわが増え、肌年齢の老化につながります。以上のように日本人の肌は一年中外敵にさらされている状態ですのでアンチエイジングのためにはそれぞれの季節ごとに最適なスキンケアが必要です。

今回は熱い夏にも気持ちよく行えるスキンケアを教えます。まずは、洗顔。できれば泡立てネット等を使用し、きめの細かいたっぷりの泡をつくり、それを使い柔らかく洗ってください。決して力を入れこするように洗わないようにします。洗顔後は、即化粧水を使用してください。適量を2~3回にわけて塗布し、優しくお肌に浸透させます。

化粧水をつければ、次は美容液です。さらさらとした化粧水だけでなくしっとりとさせるために美容液を使用してください。さらに肌タイプによっては、クリームやオイル等でフィニッシュしてください。クリームやオイルの油性化粧品はお肌に浸透した化粧水や美容液にふたをしてくれる働きがあります。

お肌のタイプによってスキンケアの種類、方法は変わりますが、いずれもそれほど時間を要する作業ではございません。一日一日、小さなことを積み重ねていただき、美しいお肌を手に入れ、その美しさを生涯持続させましょう。

また肌のトラブルを感じた時は澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)がおすすめです。
興味のある方はこちらから
澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)の効果・効能について